大津市で注文住宅会社を選ぶなら【信頼性と快適さ】で比較 » 注文住宅にかかる費用を解説 » 注文住宅の予算の組み方

公開日: |最終更新日時:

注文住宅の予算の組み方

「さぁ、理想の家を建てよう」と思った時、何にどのくらい予算を取ればよいか把握していますか?土地代、建物代の他にもさまざまな費用がかかるため、全体でどのくらいかかるか理解しなければ予算を組むことができません。注文住宅に必要な費用や、予算の考え方を解説し、年収別に適切な予算を紹介します。予算を立てる際の参考にしてみてください。

注文住宅に必要な費用

まずは、注文住宅を建てるのに必要な全体の費用を理解しましょう。予定外の支出があると、家計にも響いてきますのでしっかり把握してください。

土地代+諸費用

土地を購入する時には、同時に諸費用がかかることを覚えておきましょう。一般的に、土地代の6〜10%程度が諸費用の相場ですから、その分を足して予算を組みましょう。 諸費用の内訳は、以下の通りです。

本体工事費用

注文住宅で理想の家を建てるための、住宅そのものにかかる費用です。住宅建築には本体工事・付帯工事・諸費用が必要ですが、全体費用の75〜80%程度を目安にするといいでしょう。

付帯工事費用

家に付随する玄関アプローチや門、駐車場や庭などのエクステリア関連にかかる費用です。家本体とは別料金になっているので注意しましょう。 家の外観や機能、防犯などを担う部分でもあります。予算は、住宅建築全体の10〜20%程度を見ておきましょう。

住宅建築にかかる諸費用

土地購入の際と同様に、住宅建築にも諸費用が発生します。

諸費用の目安は住宅建築全体の10%程度。想定外の費用が発生することもあるため、多めに予算を取っておきましょう。 諸費用は現金での支払いもあることを忘れないようにしてください。

注文住宅の予算の考え方

注文住宅を建築するにあたって、予算はどのように考えて組み立てたらいいのでしょうか。解説していきます。

自己資金を明確にする

自己資金とは土地や住宅の費用や諸費用に充てられる貯蓄額のことです。 国土交通省住宅局による令和2年度「住宅市場動向調査(https://www.mlit.go.jp/common/001401319.pdf)」では、注文住宅の住宅建築資金(土地購入資金を除く)は全国平均で3,168万円、このうち自己資金は848万円でした。 諸費用には現金が必要なこともあり、入居後に発生する税金などもあるため、貯蓄のすべてを住宅購入に充てると資金不足となることも。 ローンの頭金や諸費用、引っ越し後の生活費のためにも手元に残すお金を考えて、自己資金がどのくらいあるのか明確にしましょう。

住宅ローンの借入額を算出する

住宅ローンを組む時に重要なのは、毎月の支払いがいくらまでなら返済できるのかということです。借入額を決めるためには、金利を考えながら総支払額を計算し、無理のない月々の返済額を出してみましょう。 総支払額は、ローンの組み方によって数百万違うこともありますが、将来の収入も考えながら余裕ある計画を立てることが大切です。

住宅購入の限度額を決める

自己資金額と住宅ローンの借入可能額がわかったら、土地+家の購入資金を決めることができます。 前項で解説した注文住宅に必要な費用の内訳を考えながら、予算を割り振りしてみましょう。

年収別に適切な予算を解説

年収に対して無理のない返済ができる毎月の返済額は「年収×20〜25%÷12」で計算できます。年収の25%を返済に充てると想定し、返済期間35年、ローンの金利を1.3%とした上で、年収別に適切な予算を見ていきましょう。

年収500万円以下の場合

年収500万円の人が住宅ローンを組む場合、無理なく返済できる月々の金額は8,3〜10,4万円となります。 借入限度額は3,508万円と計算できます。 年収400万円であれば、月々の支払金額6.7〜8.3万円、借入限度額は2,799万円です。 準備できる自己資金額によって異なりますが、例えば年収400万円の人が500万円の自己資金を用意できれば、借入限度額は2,730〜3,270万円となります。

年収800〜1000万円の場合

年収800万円の人の月々の返済額は13.3〜16.6万円、借入限度額は5,599万円です。 年収1,000万円の場合は、毎月16.6〜20.8万円の返済額、借入限度額は7,016万円となります。 この場合でも準備できる自己資金額によって借入限度額が変わりますので、年収と自己資金によって住宅ローンの組み方を考えてみましょう。 自己資金が多いほど、より注文住宅にお金をかけることができますが、新築した後の生活のことも考えて、無理のない範囲で予算を組むことが大切です。 シミュレーションしてみることで、自己資金の目標額も決められるのではないでしょうか。予算はギリギリで組まずに、余裕を持った返済計画を立てましょう。

関連ページ

PICK UP
|歴史100年以上|
大津市のおすすめ工務店3選

大津市で家が建てられる工務店27社のうち、設立100年以上の3社を厳選して、それぞれを性能へのこだわりと資格を持っているスタッフの資格内容で比較しました。

創業104年
北井工務店
北井工務店のHPキャプチャ

引用元:北井工務店HP(URL:https://www.kitaikoumuten.com/)

性能にこだわった
家づくり
総合ポイント
18
家づくりの4つのこだわりと対策
耐久性能
  • 耐震等級3相当
  • 耐風等級2
  • 鉄骨造
  • 木造軸組工法
  • 劣化対策等級3相当
健康性能
  • 計画換気システム
  • 熱交換換気システム
  • 自然素材
  • 無添加素材
  • 健康サポートを行うウォーターシステム
省エネ性能
  • 断熱性能4級
  • 省エネルギー対策等級4
  • 太陽光発電システム
  • ZEHへの対応
  • エコ給湯
快適性能
  • 子育てしやすいような設計
  • バリアフリー性能
  • 適材適所の収納
在籍する建築士の資格
一級建築士
創業105年
駒音
駒音のHPキャプチャ

引用元:駒音HP(URL:https://komaoto.jp/)

家族の「ちょうど良い」
家づくり
総合ポイント
13点
家づくりの4つのこだわりと対策
耐久性能
  • 耐震等級2相当
  • ハイブリッド工法
  • ベタ基礎
健康性能
  • 自然素材
  • 屋根裏専用換気口 「エアオープナー」
  • オリジナル基礎工法 「コラムベース」
省エネ性能
  • 断熱性能4級
  • 太陽光発電システム
  • 外張り断熱工法
快適性能
  • 子育てしやすいような設計
  • バリアフリー性能
  • 適材適所の収納
  • 整理収納アドバイザー2級
在籍する建築士の資格
二級建築士
創業104年
はんべ工務店
はんべ工務店のHPキャプチャ

引用元:はんべ工務店(URL:https://www.hanbe.co.jp/)

木材を使った
シンプルな家づくり
総合ポイント
11点
家づくりの4つのこだわりと対策
耐久性能
  • オール4寸仕様
  • 木造軸組工法
  • ベタ基礎
  • 基礎パッキン
健康性能
  • 自然素材
  • 無添加素材
省エネ性能
  • 断熱性能4級
快適性能
  • 子育てしやすいような設計
  • バリアフリー性能
  • 適材適所の収納
  • 防蟻の薬剤処理
在籍する建築士の資格
二級建築施工管理技士

※比較表のデータは公式サイトの情報を元に記載しております。(2020年10月調査時点)
※おすすめ工務店の選定基準:「大津市 注文住宅」キーワードでGoogle検索で上位に表示される工務店27社の中で、創業100年の3社を厳選して、性能性と保有資格者で比較しました。
※家づくりのこだわりを「耐久性能」、「健康性能」、「省エネ性能」、「快適性能」の4つの項目に分けて、それぞれの項目に対して各会社が行っている取り組みや取り入れられる性能の数を加算しポイントで表しました。
※「+」記号をクリックすると、対応する項目の詳細が見られます。