大津市で注文住宅会社を選ぶなら【信頼性と快適さ】で比較 » 省エネの注文住宅を建てる際におさえたいポイント » 大津市で注文住宅を建てる際に取り入れたい断熱性能

公開日: |最終更新日時:

大津市で注文住宅を建てる際に取り入れたい断熱性能

注文住宅を建てる際に、取り入れたい性能と言えば「断熱性能」でしょう。この記事では断熱性能が欠かせない理由やメリット・デメリットなどを紹介しています。大津市で注文住宅を建てたい方は、ぜひ参考にしてください。

断熱が注文住宅に欠かせない理由とは?

断熱性能が注文住宅に欠かすことができない理由は、快適性です。もし断熱材を入れなければ、せっかく建てたにも関わらず、冬は寒く、夏は暑い空間で過ごさなければなりません。またエアコンの効きも悪くなってしまい、どうしても電気代が高くなってしまうでしょう。せっかく注文住宅を建てるなら、快適な空間にしたいと思うはず。そのためには断熱性能が欠かせません。ただ断熱材を入れればいいという訳ではなく、断熱材の性能や工法などを予算や希望に応じて比較・検討するようにしてください。

高断熱住宅のメリット

光熱費の削減

高断熱の住宅なら室内の空気が外に逃げにくいだけでなく、冬の寒さ・夏の暑さの影響も受けにくくなります。そのため冷暖房機器をフル活動しなくても、対応できるでしょう。その結果、光熱費を抑えることに繋がるはず。

ヒートショックの予防

高断熱の住宅の場合、家全体の温度差が少なくなるというメリットがあります。たとえば冬場にトイレに行くと、驚くほどヒンヤリする経験をしたことありませんか?そんな経験もないほど快適な空間を作りだしてくれるでしょう。その結果、室温の急激な変化で生じてしまうヒートショックのリスクを減らすことができるのです。

防音効果も高まる

断熱性能が高い家は、気密性能も上がります。そうなれば外部の音も聞こえにくくなるでしょう。学校から近い、線路沿いなどの住宅の場合、騒音がストレスになってしまうことも。騒音が気になりだしたら、毎日の生活もストレスになってきます。また子供の声が隣に聞こえないか不安に思う必要もほとんどありません。そういった点を考えれば、防音・遮音効果が高まるという点は嬉しいメリットと言えるでしょう。

高断熱住宅のデメリット

壁内結露のリスク

断熱性能が高いと結露が起こりにくいと思われるかたもいるかと思います。実は室内の結露は発生しにくくなりますが、壁内の結露が生じるリスクはあります。壁内結露が起こる原因は、壁に断熱材を埋め込む際に、柱と断熱材のあいだに隙間が出来てしまうことです。リスクを最小限に行うためにも、高断熱の住宅づくりの経験が豊富な工務店やハウスメーカーに依頼したほうがいいでしょう。

コストが高い

高い断熱性能を求めると、どうしても質の良い断熱材を使用する必要があり、また施工にも高度な技術が必要です。そのため、注文住宅建築時にはコストが高くなる傾向にあります。しかし長期的な視点で見た場合、光熱費の削減などのメリットがあるため、トータルだとお得になる可能性もあります。

断熱材の種類

無機繊維系断熱材

ガラスや岩を細かくし、繊維状にして、その間に空気を閉じ込めることによって断熱効果がある断熱材です。

グラスウール

最も一般的な断熱材で、他の断熱材よりも安価です。素材がガラス繊維なので、シロアリなどの害虫や火災に強いという特徴があります。また高い防音効果もある断熱材なので、一般的な住宅の多くに導入されている断熱材です。

ロックウール

鉄炉スラグや玄武岩などの鉱物を原料としており、高温加工で作られる石綿の一種です。断熱や防音性能が高いため、空港などの商業施設で採用されています。

木質繊維系断熱材

自然素材で作られる断熱材です。自然が持つ力を活かしているため、非常にメリットが大きい断熱材と言えるでしょう。

セルロースファイバー

再利用した古紙が原料で、天然の木質繊維で作られた断熱材です。防火性能・害虫予防以外にも結露対策に効果的。

発泡プラスチック系断熱材

プラスチックに無数の細かな気泡を開け、その中にガスを閉じ込めている断熱材です。閉じ込めたガスの気泡の数や大きさなどで断熱性能に違いが出てきます。 断熱性能を発揮するものです。

硬質ウレタンフォーム

フロンガスなどの発泡剤を閉じ込めて作った充填式の断熱材です。高い断熱性能だけでなく、省エネ効果も期待できるでしょう。性能が良いため価格自体は比較的高くなりますが、高い透湿性や耐久性もあります。

フェノールフォーム

フェノール樹脂に発泡剤や硬化剤などの成分を加えて、ボード状にした断熱材です。プラスチック系の断熱材の中でも、特に高い断熱性能があり、燃えたときも有毒ガスを発生させません。

ビーズ法ポリスチレンフォーム

発泡スチロールと同様の性質を持った断熱材です。水に強く、非常に軽く、耐久性もあります。施工も比較的容易で安価なので、様々な住宅で選ばれているでしょう。

押出法ポリスチレンフォーム

水や湿気に強いという特性を持ち、さらに軽量で加工しやすい断熱材です。そのため基礎断熱や土台床断熱などにも採用されています。

高断熱工法の種類

断熱工法は「充填断熱」と「外張り断熱」の2つに分けることができます。充填断熱がいわゆる内断熱、外張り断熱が外断熱と考えても構いません。

充填断熱(内断熱)

柱などの間に断熱材を埋め込む、または液状の断熱材を充填する断熱方法です。従来の木造住宅において一般的な工法で、壁の内側にある空間を利用しているため、断熱材を入れるためのスペースを作る必要がありません。そのため外断熱よりもリーズナブルに断熱性能を取り入れることができます。ただ気密や通気がとれていなければ、壁内で結露が発生してしまい、構造材を痛めてしまう可能性も。防湿フィルムを張るなどの対策が必要です。

外張り断熱(外断熱)

構造材の外側を断熱材で覆ってしまう工法です。壁の中に空間が残るため、配線などのダクトスペースに活用できます。また結露や木材の腐食を抑制できるなどのメリットもあるでしょう。しかし施工に手間がかかり、また施工自体も特殊なため、内断熱に比べるとコストが掛かってしまいます。また壁が厚くなってしまうため、余分な面積が必要になるなどのデメリットも。

関連ページ

PICK UP
|歴史100年以上|
大津市のおすすめ工務店3選

大津市で家が建てられる工務店27社のうち、設立100年以上の3社を厳選して、それぞれを性能へのこだわりと資格を持っているスタッフの資格内容で比較しました。

創業104年
北井工務店
北井工務店のHPキャプチャ

引用元:北井工務店HP(URL:https://www.kitaikoumuten.com/)

性能にこだわった
家づくり
総合ポイント
18
家づくりの4つのこだわりと対策
耐久性能
  • 耐震等級3相当
  • 耐風等級2
  • 鉄骨造
  • 木造軸組工法
  • 劣化対策等級3相当
健康性能
  • 計画換気システム
  • 熱交換換気システム
  • 自然素材
  • 無添加素材
  • 健康サポートを行うウォーターシステム
省エネ性能
  • 断熱性能4級
  • 省エネルギー対策等級4
  • 太陽光発電システム
  • ZEHへの対応
  • エコ給湯
快適性能
  • 子育てしやすいような設計
  • バリアフリー性能
  • 適材適所の収納
在籍する建築士の資格
一級建築士
創業105年
駒音
駒音のHPキャプチャ

引用元:駒音HP(URL:https://komaoto.jp/)

家族の「ちょうど良い」
家づくり
総合ポイント
13点
家づくりの4つのこだわりと対策
耐久性能
  • 耐震等級2相当
  • ハイブリッド工法
  • ベタ基礎
健康性能
  • 自然素材
  • 屋根裏専用換気口 「エアオープナー」
  • オリジナル基礎工法 「コラムベース」
省エネ性能
  • 断熱性能4級
  • 太陽光発電システム
  • 外張り断熱工法
快適性能
  • 子育てしやすいような設計
  • バリアフリー性能
  • 適材適所の収納
  • 整理収納アドバイザー2級
在籍する建築士の資格
二級建築士
創業104年
はんべ工務店
はんべ工務店のHPキャプチャ

引用元:はんべ工務店(URL:https://www.hanbe.co.jp/)

木材を使った
シンプルな家づくり
総合ポイント
11点
家づくりの4つのこだわりと対策
耐久性能
  • オール4寸仕様
  • 木造軸組工法
  • ベタ基礎
  • 基礎パッキン
健康性能
  • 自然素材
  • 無添加素材
省エネ性能
  • 断熱性能4級
快適性能
  • 子育てしやすいような設計
  • バリアフリー性能
  • 適材適所の収納
  • 防蟻の薬剤処理
在籍する建築士の資格
二級建築施工管理技士

※比較表のデータは公式サイトの情報を元に記載しております。(2020年10月調査時点)
※おすすめ工務店の選定基準:「大津市 注文住宅」キーワードでGoogle検索で上位に表示される工務店27社の中で、創業100年の3社を厳選して、性能性と保有資格者で比較しました。
※家づくりのこだわりを「耐久性能」、「健康性能」、「省エネ性能」、「快適性能」の4つの項目に分けて、それぞれの項目に対して各会社が行っている取り組みや取り入れられる性能の数を加算しポイントで表しました。
※「+」記号をクリックすると、対応する項目の詳細が見られます。